花粉症の症状軽減は早めの対応がたいせつ!

>

そもそも花粉症ってどんなもの?なぜ様々な症状が出るの?

初期療法

初期療法とは、予防的療法と呼ばれることもあります。
つまり花粉症の症状が出る前の診察、治療によって予防するということですね。
具体的な方法としては、花粉が飛び始める2週間ほど前からアレルギーを抑える薬を飲むというものです。
そうすることで症状の進行を遅らせたり、軽減させたりすることができます。

一般的に用いられる薬の種類としては、抗アレルギー剤、抗ヒスタミン薬、高ロイコトリエン薬といったものになります。
花粉のシーズン前から終わりまで定期的な受診が必要になりますので、少し面倒に感じることがあるかもしれません。
また、「根治」するものではないので、人によって程度は違えどやはり花粉症の症状は避けられないということです。

導入療法・維持療法

もともと軽度の症状しか出ないという方の場合には、軽い治療をするだけで症状が抑えられることもあります。
ただし毎年症状が重いという方の場合には、どうしても症状が出てしまうようです。
そういったときに、症状を軽減させたり悪化させないようにしたりするのが、導入療法や維持療法と言われるものです。
それぞれもう少しくわしく見ていきましょう。

まずは導入療法ですが、症状がすで出てしまったときに行うもので、少しでも和らげるために薬を服用します。
また、服用のみで症状が落ち着かない場合には、点鼻薬なども使われます。
そして導入療法によって症状おさまった状態を維持していくために、維持療法が行われます。
ただ方法としてはあまり変わらず、継続して薬を飲み続けるというものになります。



TOPへ戻る