花粉症の症状軽減は早めの対応がたいせつ!

>

症状を悪化させないためには?

症状が出始めたら

早めの対処をしていても症状が出たというときには、改めて診察に訪れましょう。
基本的には薬による療法が継続されるかとは思いますが、重い症状に進む前にここでも早めの受診です。
また、日常生活に支障をきたすほどの症状があるといった方などには、「根治」を目指す治療を相談してみても良いかもしれません。

外科的な治療で「レーザー治療」があります。
鼻水・鼻づまりの症状を起こす部分をレーザーで焼いて小さくすることで、症状を抑えるというものです。
ただしこの方法は1年に1回、定期的に行う必要があるので根治とはいえないかもしれませんね。
もうひとつ注目されている方法として、「舌下免疫療法」というものがあります。
アレルギーの原因物質であるスギ花粉を体内に少しずつ取り込み、体がそれを異常だと認識させないようにして、アレルギー反応自体を起こさせないという治療法です。

プラスアルファのケア

花粉症の症状軽減にはセルフケアが大切だということでしたが、さらに対処法として有効だと言われているものをいくつかここでご紹介しておきましょう。

まずは睡眠時間の確保です。
そんなこと?と思われるかもしれませんが、良質な睡眠は免疫力や治癒力を高めてくれますので、花粉症においても症状の軽減が期待できます。
また、口呼吸をしてしまいがちな方、腸内環境が乱れている方なども要注意です。
これらの場合にも共通して言えるのが、免疫力についてです。
この力が低下していると、どうしても症状が悪化しやすくなるそうです。

また、最近では様々なサプリメントが販売されているので、試してみても良いかもしれません。
ただし、医師に必ず相談してから購入するようにしましょう。



TOPへ戻る